保険無料相談口コミ

保険選びで絶対に失敗しない裏技を公開!<保険無料相談>

人生で、一番大きな買い物と言えば、一般的には、マイホームですが2番目は何でしょう。
それは、生命保険といわれています。一契約で、累計すると1000万円を越える金額になるからです。
不慮の事態に備える為の生命保険。
歳をとる、家族が増える等の自分の環境変化に対して、
あなたは、定期的に見直していますか。

 

その見直し方で、累計数百万円もの違いが発生しているかもしれないことをご存知ですか。
当サイトからは、生命保険の見直し⇒無料診断申込を行うことが出来ます。
優秀なファイナンシャルプランナーが、無料で最適な保険を提案してくれます。

 

 

>>あなたに最適な保険の無料相談提案はこちら<<

 

今、ちょっとの手間を惜しむと、この先10年で、数十万円や場合によっては

 

百万円を越える保険料の過払いをしているような事態になるかもしれません。

 

 

無料相談保険マンモス

保険マンモス

保険診断を担当するのは、生命保険会社に所属していない

中立なファイナンシャルプランナーの資格を持ったプロです。
保険マンモスの生命保険無料相談の、相談満足度は、実に95%。
相談されたほとんどの方が、役に立ったと高評価をいただいています。
一度の面談で、最大22社から選んでくれます。
「保険毎日新聞」「週間東洋経済」など、有名な雑誌・新聞に掲載されています。

 

>>保険マンモスの口コミはこちら<<

無料相談生命保険ドットコム

生命保険ドットコム

こちらも、保険会社の影響を受けない、中立的なファイナンシャルプランナーが

提案してくれます。
無理な保険契約は求めません。
無料相談は、あなたの時間、場所に合わせてくれます。
ファイナンシャルプランナーの在籍者数は253人。
保険大手をはじめ、74社から見積もりが取れます。

 

 

生命保険の相場・・・・生命保険料は、いくらぐらいの金額を払っているの

 生命保険に入っている人の保険料の平均金額を調べてみませた。
 統計(、生命保険文化センター調査・発表)によると、
  ・10代  12万円/年
  ・20代  14万円/年
  ・30代  20万円/年
  ・40代  26万円/年
  ・50代  28万円/年
  ・60代  25万円/年
 とのことです。
 年齢が若い人は、それほどでもないですが、家族が増え、家族に対しての責任が増えると
 急に、保険料が増える傾向にあります。万が一に備えると言うことを想定していますので
 当たり前のことですが。

 

 上記は、一人当たりの金額ですが、最近では、1世帯あたり年間で約45万円程の保険料を
 支払っていると言うデータもあります。
 仮に、結婚して家族が出来始める30歳から定年する60歳までの30年間×45万円とすると
 これだけで、1,500万円近くにもなります。
 従って、マイホームの次に多くの出費があるものと考えなくてはいけません。

 

 このことからも、生命保険料金は、少しでも条件の良いものにしておく必要があるでしょう。
 無料相談出来るサービスを有効に使ってください。

 

安い生命保険は

 安い生命保険がないのかと言うことを、よく聞きます。
 保険料金は、以下のような仕組みで決まります。
 まずは、その保険の補償内容に該当する人がどのくらいの確率で該当して
 契約者に、いくらくらい支払わないといけないのかです。
 例えば、病気死亡の場合は、〇〇〇〇万円とか・・・・。
 しかし、保険に入ってすぐに死亡するわけではありません。
 そうすると、死亡するまでに、保険料金を分割して支払えばよいのです。
 これは、日本全国の、死亡率や病気で入院する人、入院日数、通院日数、
 医療費などの統計データがあり、そこから保険会社の支払い額が算出できますので
 保険会社が、損をしないように保険の保障内容と、保険料金を決めます。

 

 ここまでは、どの保険会社も条件は一緒です。

 

 次に、保険会社にも、会社を運営していく為の経費がかかります。
 社員の給料(保険外交員も含み)、本店・支店・支所などの土地、建物
 空調などの電力料金、はてなコピー代、電話料金、鉛筆1本に至るまで
 いろいろな経費がかかりますので、この経費も保険料金に加算されます。
 この金額が、各社違いますので、保険料金に差が出ます。

 

 インターネットで集客している会社は、土地、建物、人件費などが不要の為
 保険料金は安いですが、安い保険は、入りやすいですが、
 保険の支払いといった場面になると、いろいろと手続きが大変になります。

 

 これまでは、保険料に加算されるものを記載しましたが、保険料が決まる要因は
 これだけではありません。
 保険会社は、保険料を、国債購入や株式などにまわして、資金の運用を
 行っています。
 この運用が上手い会社は、その分、会社の収入が増えますので、保険料の
 減少に繋がります。

 

 

 安い保険料で選ぶなら、ネット集客している会社が有利と思いますが
 入りやすい(保険料が安い)ことは、良いことですが、その一方で
 保険料請求時に、たくさんの書類を自分で用意する必要があるなどといった
 リスクもあることを、知っておいたほうが良いでしょう。

 

 

保険料にかかる税金の控除

 保険料を支払っていると、税金の控除が受けられます。
 一般のサラリーマンは、年末調整の時に、生命保険料金支払い証明書を
 保険会社に送ってもらい、それを会社に提出すると、税金の免除が受けられます。
 一般的には、保険会社から送ってもらわなくても、送られてきますので
 それを無くさない様に保管しておきましょう。

 

 自営業の方などは、毎年2月半ばから3月半ばに実施される、確定申告で
 申請することにより、サラリーマン同様、所得税控除が受けられます。

 

 一般の生命保険で、最高5万円まで、個人年金保険で5万円までの
 合計10万円の所得税控除が受けられます。