生命保険見直し

生命保険の見直し時期はいつがよいのでしょうか

生命保険に入っている人は、多くの人が保険のセールスマンとの契約で入った人が多いと思います。
保険のセールスレディは、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人が多い為、あなたの家族構成などに
応じた、ライフプランニングを提案する能力や、個人顧客の問題点の把握〜解決策の検討、提案を
行ってくれますので、その人に任せておけば、入った時はほぼ問題ない、あなたにピッタリのプランだと思います。

 

しかし、個人個人の生活環境は、日々変わってきます。

 

保険はいつ、見直しを行ったらよいでしょうか。
一番大きく変わるのが、家族が増えた時や、自分の収入が大きく変わった時です。

 

管理人の経験と知識では、このような時に見直したらよいと思います。
1.社会人になった時
  ・社会人になると、これまでの生活環境が変わります。親元を離れて一人暮らしを始めると、
   食生活が不自然になったりして、病気にかかるリスクが高まるので、この時期に
   医療保険などに入ったらよいでしょう。

 

2.結婚した時
  ・人生で一番大きな、見直し時期です。特に、一家の大黒柱の存在になった人は、見直しが必要でしょう。
   万が一のときに備えるように、死亡保険の補償額のアップや、がん保険に入るなど、見直す時期には
   最適でしょう。

 

3.子供が生まれたとき。
  ・子供が生まれる、家族が増えることは、とても喜ばしいことです。しかし、子供は大きくなるにつれて、何かと費用がかかります。
   特にかかるのが、教育費用です。積み立て感覚で、一人一本は入っておきたいものです。特に私立の大学は、授業料だけでも
   年間100万円以上はかかりますので、出来るだけ早くから準備しておくことをおススメします。

 

4.昇進して給料が上がったとき。
  ・給料は、毎年少しづつ上がると思いますが、特に昇進したときは、責任も重くなりますが、年収も増えると思います。その増えた
   収入で生活するわけですから、当然のことながら、5年、10年前とは、贅沢な暮らしになっているでしょう。
   保険は、万が一のときに備えるものですから、年収の少ないときと同じでは、万が一の時に不足になります。
   医療保険の、入院や病気・事故に備える金額を増やしておきましょう。

 

5.45歳〜50際ころの年齢になった時。
  ・最近は、晩婚化になり、高年齢でも、子供がまだ学生の人も多いかと思いますが、少し前は、この年齢になると
   子供が社会人となり、夫婦だけでお互いを守ると言う生活になります。
   つまり、万が一、自分が死亡しても、家族にのしかかる負担はぐんと減ります。
   従って、子供が社会人になったら、死亡保障などは、ぐんと落としてもよいのです。極端に言えば、配偶者がこの先困らない
   程度の保険条件にしたらよいと思います。
   家族構成や、サラリーマン、自営など条件によって一概に言えませんが、それぞれの条件にピッタリの保険を
   選んでくれるのが、保険の無料相談です。

 

>>あなたに最適な保険の無料相談提案はこちら<<