定期保険とは

定期保険とは

定期保険とは、契約期間(一定期間)のうちに、死亡したりまたは、高度の障害状態になった場合、
契約の死亡保証金(高度障害保険金)が支払われる保険のことを言います。

 

保険と言うと、いろいろな種類があり、ややこしい感覚を持ちますが
一番シンプルな保険なので、比較するのは、ズバリ同じ保障金額なら、保険料だけでOKです。

定期保険の詳細記事一覧

定期保険の保険料の違い

定期保険は、一定の期間内に、死亡もしくは高度の医療障害になったときに保険金が支払われる保険で、原則的には、保険料は掛け捨てで満期保険金がないものが多いので、最もシンプルな保険と言えます。いろいろな保険会社から、いろいろな商品名の定期保険が出ていますが、保険料にかなりの差があります。例えば、30歳男性...

≫続きを読む

自分の必要死亡補償額

定期保険は、掛け捨てなので、保険料金が安いから、ひとまず入っておこうと言う安易な発想は捨てて、本当に必要かどうかを考えましょう。定期保険に入ろうとした時に、皆さんは保険料をどのように決めていますか。定期保険に入ろうとしたら、まずはやるべきことがあります。やるべきこととは、自分が今死亡したら、残された...

≫続きを読む

収入保障保険

定期保険の中に、収入保障保険と言うものがあります。なかには、定期保険と収入保障保険とは別と言われる人もいると思いますが、保険の契約者が、死亡した時に備える保険と言う内容で同じなので、定期保険の中のひとつの形態だと思います。では、何が違うのでしょうか。定期保険と、収入保障保険の大きな違いは何でしょうか...

≫続きを読む